ティータイム
田舎で暮らす60代主婦のボケ防止日記。

スポンサーサイト



プロフィール

epuron

Author:epuron
夫と2人で田舎暮らし。
+猫2匹と犬1匹。

残された時間を意識し始めたお年頃
何をして、どう過ごそうか・・・



リンク

このブログをリンクに追加する



ランキング

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村



最新のコメント



フリーエリア



カテゴリ



最新の記事



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新のトラックバック



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続き(牧水公園編)

朝の9時に出発して隣接している山村を一回りして牧水公園に着いたのは
お昼には少し早い時間。

その時間を利用して、恒例となった毎月の誕生祝があった。
該当者は52才、72才、87才の3人。皆元気だ!
負けてはいられないよなぁ・・・(’’)、
画像 252


昼食は公園内にある蕎麦屋にて。
サロンの会長さんがここのOBだったからか
蕎麦定食の小鉢の数がいつもより多かったような…(^◇^)~♪
画像 253

昼食後、小高い山にある公園のてっぺんまでバスで移動。
展望台から下界?を眺めたり、ワラビ採りをしたり、おしゃべりをしたり・・・
みなと一緒というのは、実に楽しいものだ。
画像 254

画像 255

今回のバスツアーは、桜には遅くツツジには早い時期のものだったけど
身近なところに三浦さんや西林さんのような方がいることを知り
なんだかとても感動的なものだった。

「人知れないところでのご苦労もあるでしょうが、これからも頑張ってぇ!!」

スポンサーサイト

昨日の続き(西林編)

オープンガーデン(三浦邸)の次は、一日に一組の予約しか受けないという料亭「西林」の庭園へ。

「西林」は、名前のごとく林の中にあるので、知っている人のみが知っているといった店。
つつじの咲いている箇所にある狭い石段を登り
画像 266

竹林沿いに石をひき詰めた小道を行くと
画像 265

一見、民家と見間違うような建物が見えてくる。
画像 261

客室の窓の外側から。
画像 259

私達一行は、ここでは食事をせず勝手に庭を見せてもらっただけ。
断わらなくてよかったのかな?(^^;)
人(犬)の良さそうなワンちゃんが出迎えてくれたけど・・・。
画像 263

夏にでも来たら、さぞかし清々しい森林浴が出来そうな感じだが
人手が足りないのか、手入れが十分でない時もあるそうな・・・
画像 260
画像 258

オーナーは多趣味な方なのか、販売用なのか?
因みに値段は付いていなかった。
画像 264

・・・明日へ続く

今月のサロン活動は(三浦邸編)

日帰りバスツアー(参加者20名)
 コース(美郷町南郷区水清谷~東郷町坪谷)
 目的:随所にある花の名所巡り

残念ながら水清谷の山桜は既に散ってしまっていたが、
次に訪れたオープンガーデン(三浦邸:坪谷多武の木)は
想像をはるかに超えた、とてもすばらしいものだった。

その規模は「お金と暇が無いとぉ、とてもじゃないけどぉ」
と内心羨ましく思うくらいで、最盛期のチューリップをメインにした花壇は
まるで童話の世界!!

感動のあまりに携帯電話で写真を撮りまくったが、ここではその一分を掲載。
画像 240
  画像 241
画像 238
  画像 239
画像 247
  画像 237
画像 245
・・・明日へ、つづく

17年ぶりの友

昨日は、(もうこの時間だと一昨日ということになるが)
17年ぶりという友人の訪問を受け、彼女と夜通しおしゃべりで過ごした。

実は、10日くらい前にその友人から久しぶりに帰郷するから
その時是非会いたいとの電話を受けていたのだ。

嬉しい話だった。

年賀状のやり取りはしてきたものの、会ってみると長い空白を感じられないのが
友人というものの不思議さだ。

だが、確実にそれぞれが過ごした時間は存在するわけで
その間、それぞれにいろいろなことを体験しているわけで
話のネタには事欠かない。

話は尽きないまま翌日を向え、少し仮眠を取った後駅まで送った。
苦労の多かった彼女のこれからの人生が幸多いことを心から祈る。

オキナグサ

絶滅を危惧されている「オキナグサ」だが
この集落では、けっこう目にする事が出来る。

我が敷地内にも毎年沢山の株が育っていたが、昨年
義父がそのほとんどを花と知らず雑草と一緒に引き剥いちゃったので
全滅かと思っていたら、今年も何株か姿を現してくれた。(^◇^)~♪

華やかさには掛けるが、なんとなく愛しい花だ。
画像 226
画像 225 画像 228


夫、退院

夫の退院日がやっと来た。待ち長かった・・・、

おかしなもので2人暮らしになってからというもの
夫を頼る気持ちがどんどん強くなっていく。

夫はひと月もの間休養でき身体も鈍ったことだろうから
リハビリにこじつけて、何かとこき使ってやらなくては!!(^ー^)~♪

とは言っても、これからも養生に専念していかなくてはならない夫に
そう多くのことは望めない。

より充実した老後を送りたいものだが、夫ばかり頼っていてはダメってことか・・・。(ーー)、


まさかの価格

栽培した椎茸を乾燥し農協に出すと
農協はそれらを纏めて市場の競に出す仕組みになっているようだ。

先々月、父から受け継いでから初めてスライスしたものを出してみた。

そろそろ競も終ったころじゃないかと、売上代金が通帳に振り込まれるのを
心待ちにしていたところ、やっと届いた計算書を見て・・・ガーックリ!

安いとは聞いていたが、まさかの価格、しかも最低ライン!(ショック!!)

素人だから、こんなものなのかと思いながらも
父がやめる気になっていた気持ちも、よく理解できたわ。

夫も、今使っているホダ木を最後に健康上の理由から
継続していくことは無理ということになったのだが・・・なんだかなぁ。

わが国もとうとうTPPに参加することになったようだし
老後の楽しみにしていくつもりだった他の作物も、はたしてどうなることやら・・・。

久しぶりの雨

雨の日は畑に出られないので、身体を労わることに否応なしだ。

そんな今日は、たまたまサロンの集会日。
久しぶりに明るい彼女達の輪の中にいる内に
どういうわけか、心が軽くなっていくような気がした。

人付き合いは時間に縛られたり、何かと面倒に感じることもあるが
やはり人と交わることも必要なことなのよねん。。


数日前、畑の草取りをしていた時のこと
振り返ったら「マー」が、ちゃっかり収まっていた。
つるべを取られたって感じだ。。(^◇^)、かわいんだからぁ、もぉお!
画像




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。