FC2ブログ
ティータイム
田舎で暮らす60代主婦のボケ防止日記。

スポンサーサイト



プロフィール

epuron

Author:epuron
夫と2人で田舎暮らし。
+猫2匹と犬1匹。

残された時間を意識し始めたお年頃
何をして、どう過ごそうか・・・



リンク

このブログをリンクに追加する



ランキング

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村



最新のコメント



フリーエリア



カテゴリ



最新の記事



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新のトラックバック



月別アーカイブ



大分の旅最終日

寝不足なまま、翌日は「サファリパーク」へ向けて出発。

もうすぐパークに着くというところで「塚原温泉 火口の泉」の看板を見つけ
例のごとく「急ぐ旅じゃなし、どんなところか寄ってみよう!」ということになった。

行って、正解だった!!
火口のすぐそばで見学できるので、いやはや迫力満点!

余震が続いていたころは、見学中止になっていたそうで
管理人さんに「怖くはないですか?」と聞いたら、「もう慣れてます。」だって・・・(@@;)

2016052208490000.jpg

目的地のサファリパークは、ここから10kmくらい。
猛獣が広い敷地に放し飼いされている中を人間の方がオリに入って
移動しながら見物するというものなんだけど、65歳と40歳・・・
今さらね・・・ と思わないでもなかったが無邪気なところのある娘は
けっこう楽しかったようで写真を撮りまくっていた。(^^;)
入場料2000円、オリ付きのバス代1100円。ソフトクリーム350円)@@、

2016052210100002.jpg

そして今回の旅の〆は「おながら鍾乳洞
ここも入場料がいる。(610円)

背を屈めないと通れない場所があったり、照明が暗めなので
ヘッドライトの付いたヘルメットを付けて中に入る。
稲積水中鍾乳洞よりも天然感たっぷりだ。

近くには、とても大きな水車のある茶屋があって目印にもなっている。
九州でも屈指の清流「番匠川」もあってとても自然豊かな場所だ。

2016052216160000.jpg

2016052216180000.jpg

大分県と言えば温泉ばかりかと思っていたが、見所も多くて何度行っても楽しめる
ところだってことをこれまで知らなかった。お隣の県なのにねぇ・・・(^^;)

スポンサーサイト




昨日の続き

旅の初日は「くじゅう花公園」に行った後「九重”夢”大吊橋」へ。
ここに来たのは2度目。
「高所恐怖症なのに無理して2度も渡ることはないわ」と、娘だけを行かせる。
久住と九重との違い・・・ややこしくて説明呼んでも使い分けできそうにない。

そして、大分のナイヤガラ「原尻の滝」へ。
ホント、珍しい地形をしている!
2016052112050000.jpg
滝を真正面から見ようとすれば、ちょっと怖そうな木製のつり橋から見ることができる。
2016052112020000.jpg

車を走らせている途中「おながら鍾乳洞」の看板を見つけ、そこにも行ったが
行く先々で立ち寄るところが多いと、お金があまりかからないはずの車中泊の旅も
娘に気を使って外食が主になるし、場所によっては入場料が必要だったり、
ほぼどこでも売っているソフトクリームの看板を見るとつい食べたくなるし
けっこうお金使ってる感じ・・・
なんせ、何もかも二人分だから・・・(´`)、、

ねぐらは「道の駅 長柄温泉」と定めて行ってみたものの
夜中に便利な第一駐車場は狭くて、すでに満杯。

しかたなく
炭酸濃度が高いという温泉にだけ浸かって、そこから一番近い「道の駅 あさじ」に
移動したが、そこは車の通りがうるさくてうるさくて・・・(><。)
気付けば、自分たちの他は誰もいないし・・・(^^;)

・・・ つづく。

くじゅう花公園

土日は、いつものように長女と愛車でお出かけ。
最初の目的地は竹田市久住町のお花畑
個人的には、「四季彩の丘」が好き♪
2016052113280001.jpg

2016052113280000.jpg

「アメリカシャクナゲ?」
2016052113180000.jpg

黒い模様が、とてもかわいらしい「ポピー・ピエロ」
2016052113200000.jpg



延岡植物園

延岡市はお隣の町。
植物園に行ったのは4月ごろだったかな?
せっかくの写真なので、アップしとく。

2016041810230000.jpg

2016041810280000.jpg

2016041810290000.jpg

人並みに結婚したり仕事で自立できない娘が一人いる。
そんな娘が不憫で、最近はよく連れ出してドライブを楽しむ。
私もそうだが、外出が大好きなのでとてもご機嫌だ。

ただ、こうやって楽しかった日々を増やせば増やすほど
私がいなくなった時の娘の落胆はそれだけ大きくなるのではないか・・・

なぁんてことをちらっと思ったが、それはずーっと先のこと。
わたし、長生きするつもりだし!(^^;)
今は、できることを精一杯してあげよう。

サンパーク遊歩道

サンパークの遊歩道:途中には丸い小石がびっしりの海岸もある。
2016041717110000.jpg
本当にまるいので感動!
2016041908050000.jpg
周りはマグマが固まった荒々しい岩ばかりで、とても対照的。
2016041908150000.jpg


朝日を追って

2週間くらい前に海からの朝日を見るためだけに、一人で「道の駅 日向」に車中泊。

夜明け前に場所の検討を付けて日向岬へ大急ぎで車を走らせたが
そこは複雑に入り組んだリアス式海岸。
太平洋に臨んでいる海岸からは、どこからでも朝日が見られるものと思い込んでいた。

なんとか見られる場所を見つけたが、木々の隙間からと
2016041905440000.jpg

サンポウ(日向岬)から、スレッスレでという感じ。(^^;)
2016041905580000.jpg

ばっちり朝日が見れる場所は、砂浜の長~い「小倉ヶ浜」だったようで
そこにたどり着いた時には、すでに太陽は完全に昇りきっていた。
道の駅から近かったのに・・・お粗末・・・