ティータイム
田舎で暮らす60代主婦のボケ防止日記。

スポンサーサイト



プロフィール

epuron

Author:epuron
夫と2人で田舎暮らし。
+猫2匹と犬1匹。

残された時間を意識し始めたお年頃
何をして、どう過ごそうか・・・



リンク

このブログをリンクに追加する



ランキング

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村



最新のコメント



フリーエリア



カテゴリ



最新の記事



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新のトラックバック



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


籾摺り終了

ここ10日間くらいで近所の稲刈りも終わり、請け負っている分の乾燥・籾摺りも
昨日ですべて終了。

慣れない労働で指は痛むし、節々もますます太くなっていくようで
嫌なんだけど、充実感に満ちた日々だった。

さらに合間を見ては、舅が住んでいた家の片づけも続けた私って
体さえ調子よかったら、いくらでも働いちゃうタイプなんだと再認識。(^^;)


籾の乾燥や籾摺りは、他所より安くで請け負ってきた舅から
そのまま受け継いだものだが年季の入った機械も修理を繰り返しながら
だましだまし使い続けてきたものだったので、とうとう2年前に新品に買い替えた。

その時は、損を覚悟で舅がそうしたものかと思っていたら
なぁ~にも考えない夫がその時の気分で決めたことだったようだ・・・(`´)、

おかげで、稲作を止める家が出始めたり減反で請け負う量も昔と比べると
かなり減ってきている今、受け取る手数料と言ったら、いくらかずつ機械代を
回収していくのが精いっぱいで我々夫婦の労働は全くの無料報酬・・・。(汗汗)
機械を動かすための灯油も電気代も手出しだ。


いまさら料金を上げるようなことも言えなくて、わが家が止めたら不自由することになる
ご近所のためになっているんだからと納得するしかない。

ホントにアホな夫を持つと苦労するわ。

しかも、自分ちの田んぼの畔の草刈りも草刈り機でないと骨折るので
振動病を持つ夫は他人を頼らなくてはならないのだが
お人よしのお坊ちゃん気質がバカみたいな金額で話をつけてきたときは思わず
「その金額で私たち2人分の年間の米が買えるがね!もう米作るのやめよう!」
とわめいていた。

ボチボチとだったら私たちでも普通の鎌でやれない範囲ではなかったのにと思うと
はがゆくて!

もう来年からは娘達や兄弟姉妹に新米ができたからと贈ってやれなくなる。
ちょっぴり寂しい・・・(´`。)ぐすっ!
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://ranran54.blog55.fc2.com/tb.php/1753-9baf9f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。