ティータイム
田舎で暮らす60代主婦のボケ防止日記。

スポンサーサイト



プロフィール

epuron

Author:epuron
夫と2人で田舎暮らし。
+猫2匹と犬1匹。

残された時間を意識し始めたお年頃
何をして、どう過ごそうか・・・



リンク

このブログをリンクに追加する



ランキング

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村



最新のコメント



フリーエリア



カテゴリ



最新の記事



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新のトラックバック



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雨後曇り

昨日からお天気すぐれず・・・。

昨夜は雨で自転車が使えない末娘をバイト先に送り届け、その足で・・・内心迷いながらも義母のところへ行った。

私の顔を見ると苦しそうな様子で、それでもいつものように容態はどうだとか、今日はだれそれが来てくれたよとか話をしてくれた。

利尿剤の効果が出ているようで、お腹の張りも少しは楽になったと言っていたが、見た目はそう変わってはいなかった。

看護婦さんが病室に入ってきたのを機に、義母は「今日はもういいよぉ」と早々に私を帰そうとした。

体を動かすのは相当苦しそうで、着替えは嫌がり3日に一度くらい。洗濯物の用事もそうあるわけではなく、毎日顔を出すことに少々ためらいを感じる。
スポンサーサイト


コメント

コメントありがとう!

>父は亡くなる当日まで・・・
そうなんですよね。意識はしっかりしているだけに・・・よけい辛いですね。

今日は洗濯物がやっと乾いたので、もって行ってきました。りんごがまた食べたいと言うので、明日もって行ってあげようと思います。
[2006/11/20 20:08] URL | epuron #- [ 編集 ]

ママが書いている日記内容を
全て二年前に体験してきました。

父は亡くなる当日まで
便の回数や尿の回数
体温や腹水をお腹から直接抜いた量まで
自筆でメモしておりました。

私はかた時も離れたくないと思うほど
時間が惜しくてたまらない期間でした。
継母は心臓が悪いので病室に泊まることもできず
夜1人でベットに寝ている父を想像すると
眠れない毎日を送り、朝早々に病院へ通いました。

毎回話すネタを考えたり
明るい話題へ話しをもっていったりと
私に出来るすべは、こんなもんでした。
ですが病床で一瞬でも笑ったりする父を見たくて・・・・・・

ママの辛さが痛い程、理解でします。

時間の許す限り沢山会話して
共に笑顔であってほしいと応援してます。。
[2006/11/20 15:58] URL | すず #aXDHI8IE [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://ranran54.blog55.fc2.com/tb.php/313-0638abf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。